ミライエ

リヴラスでは建築基準法で必要とされる基準値以上の耐力壁施工により十分な耐震性能を確保した上で地震の揺れを低減する制振装置「MIRAIE」を標準採用しています。

MIRAIEの特徴

  • 最大95%の揺れ幅を低減

耐震等級3相当の木造建築に対して熊本地震の前震級と震度7の本震級の地震波を繰り返し入力。MIRAIE装着と非装着で建物の上層と下層の揺れ幅を測定した結果、MIRAIE装着モデルでは建物の揺れ幅を最大95%低減できることが実証されました。(※2017年1月京都大学防災研究所でのMIRAIE軸組を利用した実大振動台実験の結果による)

  • 低コスト

X方向、Y方向への最適配置により、1階だけの設置で家全体を守ることができます。
また、間取りを考慮しながら側端部配置と中央部は一という2種類の配置位置が選べます。免振システムと比較し、低コストで導入いただけます。

  • メンテナンスフリー

MIRAIEのエネルギー吸収剤に使われている「高減衰ゴム」。これは運動エネルギーを熱に変えて吸収するためほとんど弾まず、高層ビルや橋などの制震ダンパーに使われています。90年間使用しても制震効果が持続し、一度取り付ければ部品交換やメンテナンスが不要で手間がかかりません(※促進劣化試験の結果による)。お子様、お孫様の代まで安心が続きます。

PAGE TOP